ティファニー結婚指輪口コミ「いろいろな方から評判がいいです」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4年目

4. ティファニーで購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

夫27万円 妻22万円

5. ティファニーの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

やはりティファニーは信頼できるブランドなので、結婚指輪はティファニーに決めました。

昔から知っているブランドであこがれもあり、お店に入るだけでも店内がキラキラしていてテンションが上がるし、指輪を選ぶのが楽しかったです。

他のお店もいろいろと見ましたが、やはりティファニーのデザインが上品で繊細なので気に入りました。

価格も、安くはないですが高級すぎるというわけではなく、品質が良いことは確かなので、納得して選びました。
Continue reading “ティファニー結婚指輪口コミ「いろいろな方から評判がいいです」”

手作り結婚指輪とジュエリー専門店、結局のところどっちが良い?

自分で結婚指輪を手作りするのと、ジュエリー専門店で指輪を購入するのと、結局のところどちらが良いのでしょうか?
いろいろ考えているうちに分からなくなってしまった、という人も多いでしょう。
今回はそういった人のための解説です。

結婚指輪を手作りするのとジュエリー専門店で購入するのと、どちらが自分に適しているのか、それを判断するために一番重要なのは「価格」と「手作りしたいか」という二つのポイントになります。
まず、そもそもジュエリー専門店で指輪を購入するだけの予算がない、という場合は、消去法で手作り結婚指輪となりますよね。
1万円前後と数十万円では、相場は天と地ほど違ってきます。
数十万円は用意できなくても1万円前後なら用意できるという人は多いでしょう。

次に「手作りしたいか」というポイントです。
数十万円用意できる人であっても、「自分で手作りすることに意義がある」というふうに思っている人は少なくありません。
自分で結婚指輪を手作りすれば、その作成作業がとても良い思い出になります。
自分で作った指輪ならば、他人が作った指輪よりも思い入れが強くなるのも必然でしょう。
そういった部分を重要視したいのであれば、たとえ高額な予算が用意可能な人であっても手作り結婚指輪を選ぶことがおすすめなのです。

逆に高額な予算が用意できるし、手作りすることへのこだわりもない、という人であれば、ジュエリー専門店で指輪を購入することがおすすめとなります。
もちろんオーダーメイドでも良いでしょう。
予算に問題がなく手作りすることへのこだわりもないのであれば、自分で結婚指輪を作成する理由がありませんよね。

自作の手作り結婚指輪とジュエリー専門店で販売されている指輪とでは、得られるメリットやデメリットは大きく違ってきます。
しかし詰まる所、どちらを選ぶべきなのかは価格面と自分の気持ちなのです。
いろいろと考えて判断に迷ってしまったら、そういった基本に立ち返ってみることをおすすめします。

手作り結婚指輪講座を利用する

ジュエリー工房では、自分たちで結婚指輪を手作りするために、その作業をサポートしてくれる講座や教室を開催していることがあります。
この講座や教室を利用することで非常に完成度の高い手作り指輪を作成することができますが、他にもいくつかのメリットが得られるのをご存知でしょうか。

たとえば、講座や教室を利用すると自分たちで結婚指輪を作るために必要な金属素材や工具を用意しなくても良いというポイントは非常に大きなメリットです。
家に必要な工具が一つもそろっていなければ、ホームセンターなどでそれらを買い揃えなくてはなりません。
これは手間もかかりますし、お金もそこそこかかります。
その手間とお金が必要ないのですから、非常に大きなメリットであると言えるのです。

しかし、「ホームセンターで工具を購入する手間とお金がかからないとは言っても、職人さんに教わるのだから、講座や教室の受講料の方が高額なのでは?」と考える人も多いでしょう。
自分たちで結婚指輪を手作りする際の大きなメリットは、やはり価格面で非常に安上がりであるというポイントですので、そこは気になりますよね。

でも安心してください。
一般的に手作り結婚指輪の講座や教室の受講料は、1万円から2万円の間です。
工具や素材を一式そろえた場合、1万円前後となることも多いので、決して割高ではありませんよね。
しかも講座や教室で使用できる工具は、職人さんが使用する本格的なものです。
ホームセンターではちょっと手に入らないような、プロ仕様の工具を使用できることが多いのです。

さらに工房では、イベントやキャンペーンを称して受講料の値引きを行っていることがあります。
それを利用すれば、1万円前後で指輪二つを完成させることも可能です。
「一から十まで自作したい」というこだわりを持っている人もいるでしょう。
スケジュールの都合で講座や教室を利用できない人もいるかもしれません。
しかしそうでなければ、講座や教室は選択肢の一つに入れて検討してみることをおすすめします。

完全オリジナルデザインの手作り結婚指輪

自分がデザインに関わったデザインの指輪であれば、オリジナルデザインの手作り結婚指輪となります。
オーダーメイドであれ職人さんの手作りなので、手作り結婚指輪ですよね。
自分がデザインに関与するという時点で、それは確実に手作り結婚指輪になりますし、オリジナルデザインの手作り結婚指輪であると言えるのです。

しかしこの世に二つとない、あるはずがない、完全オリジナルデザインの手作り結婚指輪を作りたいのであれば、その方法は少し狭くなります。
なぜ方法が狭くなるのか、それはオーダーメイドの種類が限定されてくるからです。
オーダーメイドには、フルオーダーとセミオーダーの2種類があります。
この二つのうち、完全オリジナルデザインを実現できるのはフルオーダーです。

フルオーダーとは、一から自分が考えたデザインの指輪を、そのデザインの通りに職人さんが仕上げてくれる方法です。
一般的にオーダーメイドというと、この方法を思い浮かべる人が多いでしょう。
対してセミオーダーとは、リングの形状や埋め込む宝石の種類、金属素材などを、一定数の選択肢の中から選び、それらを組み合わせてゆく方法なのです。

つまりセミオーダーの場合、その工房で同じ組み合わせの注文をした人が過去にいた可能性もありますし、今後新たに現れる可能性もあるということになります。
必ずしも世界に一つだけの完全オリジナルデザインとは言い難いのです。
それに組み合わせは自分で選ぶにしても、用意された選択肢は既存のものですので、そういった意味でも完全オリジナルデザインとは言い難いでしょう。

つまりオーダーメイドで完全オリジナルデザインの手作り結婚指輪を作ってもらいたいのであれば、フルオーダーを選ぶべきであると言えます。
もちろんデザインに自信がないけれどある程度自分でデザインした指輪を作ってほしいという人もいます。
そういった人の場合はセミオーダーは非常におすすめできる方法なので、決してフルオーダーがセミオーダーに勝っているという意味ではありません。
あくまでも完全オリジナルデザインを実現できるのはフルオーダーであるというだけの話なのです。

デザイナーに相談して手作り結婚指輪

手作り結婚指輪を用意する際に、デザイナーに相談して作ってもらう、という方法があるのをご存知でしょうか?
自作だけが手作り結婚指輪ではありません。
デザイナーに相談して、オーダーメイドで作ってもらった指輪も職人さんの手による手作り結婚指輪となります。

しかし、やはり自分で結婚指輪を手作りしたいので、デザイナーにデザインの相談のみ依頼したい、という人もいるかもしれません。
手先が器用なので自分で指輪を加工する自信はあるけれど、デザインセンスに自信がないのでその相談のみデザイナーさんに頼みたい、という人がいてもなんら不思議はありませんよね。
そういった「相談のみ」という形でデザイナーさんに依頼することは、果たして可能なのでしょうか?

これは可能か不可能かで言えば、「おそらく可能」でしょう。
日本中にジュエリー工房は数多く存在しています。
その中の一軒くらいは、相談のみの受付をしてくれる工房もあるでしょう。

しかし、やはりそれは、一般的な指輪の購入方法から考えると、イレギュラー的な依頼方法であるといえます。
「相談のみ受け付けてくれるデザイナーがいないとは限らない」という話であって、やはり一般的にはデザイナーさんに相談しデザインを固め、そのままその工房にオーダーメイドを依頼するのが通例となっています。
そういった例外的な工房やデザイナーを探すのは至難の業でしょう。

ではデザイナーさんに相談して固まったデザインを自分の手作りで仕上げることは難しいことなのでしょうか?
じつはもう少し、簡単にそれを実現する方法があります。
それは、指輪作成の教室を利用する方法です。
指輪作成教室の中には、デザイナーへのデザイン相談からスタートさせてくれる教室もあります。
相談のみを受け付けているデザイナーを探すよりも、デザイナーへの相談からスタートできる教室を探す方が遥かに簡単で現実的であると言えるでしょう。
デザインに自信がない人は、ぜひそういった工房を探してみてください。

手作り結婚指輪の作り方

自分で結婚指輪を手作りする場合、知っておかなければならないのが実際の作り方です。
キットを購入したり工房の指輪作成講座を利用するのであれば説明書があったり職人さんが教えてくれたりしますが、そうでない場合は自分で作り方を知っておく必要がありますよね。
今回は結婚指輪を手作りする場合の作り方を簡単に解説します。

まずは素材と工具の準備です。
素材はシルバーが入手しやすく加工も簡単なのでおすすめになります。
棒状の銀材などがインターネットで簡単に購入できますので、ちょうど良いものを用意しておいてください。
純銀製のスプーンやフォークの柄を指輪に加工する方法もありますが、結婚指輪はシンプルなデザインが一般的なので、柄の装飾が指輪に流用可能なものなのか、よく検討してからにしてください。
工具は金属カッター、ハンマー、やすり、芯棒が必須です。
指輪を真ん丸にしたいのであれば銀ろうやバーナーなども必要になります。
ハンマーは木製のもの、やすりは目の細かさが異なるものをたくさん用意するのがおすすめです。

実際の作り方ですが、工程を簡単に言うと、カット、磨き、曲げ、磨き、という流れになります。
まずは指のサイズに合わせ、銀材をカットしましょう。
指のサイズは紙を巻き付けて印をつけ、それに合わせて銀材をカットするのがおすすめです。
カットした銀材はリング状に曲げる前にまず磨きましょう。
リングにしてしまうと磨きが難しくなりますので、棒状の状態である程度美しく仕上げてしまうのです。

ある程度磨いたら、それをハンマーと芯棒を使用して丸くしてゆきます。
真ん丸にする場合は銀ろうとバーナーで棒の先端と先端を溶接してください。
溶接する際は煉瓦ブロックなどを下に敷いて、その上で作業すると良いでしょう。
そしてリング状に加工できたら、いよいよ仕上げです。
サンドペーパーやタオルで丁寧に磨きあげましょう。

結婚指輪の手作り作業は、文章で見るよりも、やってみると簡単だと感じる人が多いでしょう。
ぜひチャレンジして見てください。

手作り結婚指輪に埋め込む誕生石について

結婚指輪といえば、誕生石を埋め込むのが人気ですよね。
自分で結婚指輪を手作りする場合、自分だけの手作りだったら誕生石の埋め込みは不可能に近いですが、工房の指輪教室や講座などを利用すれば、それも可能となることもあります。
今回は手作り結婚指輪に埋め込む誕生石の中から、有名なものをいくつかご紹介、解説してゆきます。

まずは4月のダイヤモンドです。
言わずと知れた宝石の王様ですよね。
この世界に存在する物質の中でも3本の指に入るほど高価な物質でもありますので、4月生まれの人が誕生石を結婚指輪に埋め込む場合、他の月に生まれた人よりも高額になってしまうのは否めません。
ダイヤモンドは自然界に存在している物質の中で、もっとも硬度の高い物質としても知られています。
つまり一番硬い宝石であり、傷に強いのです。
故に日常生活に耐えなくてはならない結婚指輪の宝石としては、最適な宝石であると言えるでしょう。
そういった意味では4月生まれの人は、誕生石がダイヤモンドでラッキーなのかもしれませんね。

つぎは7月の誕生石、ルビーです。
赤い輝きが特徴の宝石で、紅玉とも呼ばれています。
かつてルビーはダイヤモンド以上に高価な宝石として扱われていた時代もあったほどで、現在でも貴重な鉱物の一つとなっています。
ルビーもやはり硬度が非常に高く、その硬さはダイヤモンドに次ぐとされています。
そういった意味でルビーも結婚指輪の宝石として非常に適した宝石であると言えるでしょう。

最後は9月の誕生石であるサファイアです。
サファイアにはさまざまな色のものがありますが、一般的には青い輝きが特徴とされており、青玉とも呼ばれています。
その神秘的な輝きから、人類が古くから重宝してきた歴史の古い宝石の一つに数えられています。
サファイアもやはり硬度がかなり高く、結婚指輪の宝石として申し分のない美しさと性質を備えていると言えるでしょう。

今回ご紹介したのは以上の3種ですが、それ以外の月の人も、自分の誕生月はどんな宝石が誕生石なのか、調べてみると面白いかもしれませんね。

手作り結婚指輪の人気素材「ゴールド」について

ゴールドは結婚指輪の定番素材の一つですよね。
ジュエリーショップには職人さんの手によるゴールドの手作り指輪が所狭しと並べられています。
自分たちで結婚指輪を手作りする際にも、工房の指輪作成教室によってはゴールドで手作り結婚指輪を作成可能なところもあります。
今回はそんな結婚指輪の人気素材、ゴールドについての解説です。

ゴールドは貴金属の代名詞とも言える存在ですよね。
子供でも「金は高い金属」ということを常識的に認知していますので、おそらくこの世界でもっとも知名度の高い物質の一つに数えられるでしょう。

ゴールドは自然界にそのままの状態で存在している金属の一つなので、人類との付き合いが非常に長い金属の一つでもあります。
紀元前から高価な物質として扱われてきました。
古代エジプトのヒエログリフや旧約聖書にも、金に関わる記述が数多く記載されているほどです。

いったいなぜ、ゴールドはこれほどまでに長い間、人類に高価な金属として扱われてきたのでしょうか?
ゴールドよりも高価なレアメタルはいくつか存在しますが、ゴールドほど古くから価値が損なわれずに悠久の歴史を歩んできた金属はありません。
なぜゴールドが価値を損なうことがなかったのか、じつはその理由こそが、ゴールドが結婚指輪の定番となっている理由に直結しているのです。

ゴールドが長い歴史においてその価値を失うことがなかった理由は、第一に「加工がしやすかったから」というのがありますが、もう一つ大きな理由があります。
これは簡単に言うと「輝きを失わない物質だから」であると言えます。
ゴールドは腐食に強いのです。
装飾品として使用すれば、いつまでも変わらない輝きを放ちます。
この性質から、ゴールドは神秘的で実用的な金属として、現在まで一定の価値を保持し続けてきたのです。

輝きを失わないということは、つまり結婚後もずっと薬指につけ続ける結婚指輪の素材として最適であると言えますよね。
故にゴールドは結婚指輪の定番素材となっているのです。

手作り結婚指輪の人気素材「プラチナ」について

結婚指輪の素材の大定番と言えば、やはり「プラチナ」です。
ゴールドよりも高価なレアメタルとして有名ですよね。
昔は使い道がない金属で、決して高価な金属ではありませんでしたが、加工方法樹立以降は装飾品や触媒としての需要が増え、一気にその価値が高騰しました。
それが20世紀の初頭の出来事なので、現在のように金をも上回る高価な金属となったのは比較的最近のことなのです。

自分で結婚指輪を手作りする場合はシルバーなどの素材を選ぶことが多いですが、工房によってはプラチナで結婚指輪を手作りすることが可能なところもあります。
しかし、そもそもプラチナという金属はどんな金属なのでしょうか?
なぜ結婚指輪の素材として定番となっているのでしょうか?
今回はプラチナについての詳細を解説してゆきます。

プラチナは学術用語としての正式名称を「白金」と呼ぶ、原子番号78の元素です。
シルバーに似た白く美しい光沢が特徴の金属であり、物質として非常に安定していることでも知られています。
じつはプラチナはその安定性の高さゆえに、自動車部品などにも使用されているのです。
高価であまり縁のない貴金属に思えますが、以外にも身近な場所で使用されている金属でもあるのです。

そしてその安定性の高さは、装飾品として使われるときにも活かされます。
装飾品とは基本的に身につけて行動するものですよね。
つまりそれなりの耐久性が必要となるのです。
結婚後も毎日身につけることが一般的な結婚指輪であれば、なおさら高い耐久性が求められるでしょう。
そういった意味で安定性が高いプラチナは、手作り結婚指輪の素材として最適な素材であると言えるのです。

プラチナは安定性が高いだけでなく、見た目の美しさも金属の中で最高のものの一つです。
美しさというものは基準がありませんので一概には言えないかもしれませんが、白く美しい輝きを放つプラチナを見て、美しくないと思う美的感覚の人間はかなり少数派であると言えるでしょう。

つまりプラチナが結婚指輪の素材の定番として扱われる理由は、安定性と美しさなのです。

手作り結婚指輪の素材選びと加工方法

結婚指輪を手作りする場合には、一般的にシルバーや真鍮などの比較的低価格な金属素材を選ぶことが多いですよね。
というよりも、一般的に入手しやすい金属素材がそういった素材ですし、手作り結婚指輪の作成キットに付属されている素材もやはり同様なので、必然的にそれらを選ぶことになります。
しかし指輪作成教室を開いている工房の中には、ゴールドやプラチナといった高価な素材を選ぶことが可能な所もありますので、素材選びは必ずしもシルバーや真鍮に限定されるわけではありません。

プラチナのように劣化しにくい素材が良い、という場合には、そういった工房を探すのが良いでしょう。
もちろん職人さんの手による手作り結婚指輪でも良いという場合は、ジュエリーショップで購入したりオーダーメイドで作ってもらったりすれば、ゴールドやプラチナといった素材の指輪が手に入りますし、そういった方法の場合はむしろゴールドやプラチナの指輪を選ぶことが一般的であると言えるでしょう。
自分の好みや素材の耐久性などを考慮して、素材を選びましょう。

素材選びが済んだら、次は加工です。
結婚指輪を手作りする場合、この作業工程をしっかりと把握しておく必要があります。
では実際、金属素材をどのように指輪へと加工してゆけば良いのでしょうか?

加工の手順は人それぞれですが、おすすめなのはカット、磨き、曲げ、磨きの順番で加工する方法です。
まずは素材を指輪の円周の長さとなるようにカットします。
自分たちの薬指に紙などを巻き付け、印をつけると長さが計りやすいですので、それに合わせた長さに金属カッターでカットしてください。
そしてカットした素材をやすりで磨き、ハンマーなどを利用して曲げてゆきます。

やすりは荒目のものから徐々に細目のものへ移行していってください。
金属のハンマーだと傷がつきやすいので、タオルなどを巻き付けるか、木製のハンマーを用意するかしましょう。
そして形が整ったら、仕上げにもう一度磨きます。
丁寧に何度も磨きましょう。